塩素・鉛・トリハロメタンが含まれる危険な水道水を安全にするために

■ 塩素-カルキ臭の原因!ビタミンも破壊の殺菌力!

水道水には、多くの残留塩素が含まれています。この残留塩素は、浄水場での殺菌に使用した塩素や、水道水が家庭の給水管に入るまでの間に細菌などが繁殖しないようにするための塩素が残ったものです。この残留塩素が、水道水を安全に保つと同時に、カラダにとってはとても危険な物質となっているのです。

1、すべての原因は、塩素だった!
<カサカサ肌の原因>
水道水の塩素は、髪や肌のタンパク質を壊し、細胞に大きなダメージを与えます。肌の保水力や保湿力を低下させ乾燥肌やアトピー性皮膚炎悪化の原因とも言われています。
<まずい水の原因>
塩素が水中のアンモニアと反応し、あのイヤなカルキ臭となります。水道水をまずくしているのは、このカルキ臭です。水道水を汲み置きしておき、2〜3時間放置しておくとこの臭いは消えます。
<ビタミンを壊す原因>
水道水で、野菜・米・レバーなどの食品を洗うと、ビタミンの10〜30%が損失することが、星薬科大学の分析で明らかになりました。塩素が食品の細胞に入り込み、ビタミンを壊すことが原因です。
キャベツの千切りを氷水などにつけるとシャキッとすることは料理のコツとして知られていますが、この方法だとどんどんとビタミンが破壊されていくのです。また、干し椎茸を戻す際などのつけ置きも、多くのビタミンがなくなってしまうのです。
→毎日新聞

2、塩素を取り除く方法
まず、塩素の水に長時間あたらないことが大切です。他には、塩素を取り除く浄水器やシャワーヘッドの変更をするしか有効な方法はありません。
posted by aqua at 22:53 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Water〜水道水・生水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家事での洗浄スプレー、ぜんそくリスクを増大=調査

[ロンドン 12日 ロイター] 欧州で行われた調査では、週1回の洗浄スプレーや消臭スプレーの使用でも、成人のぜんそくリスクが高まることが分かった。バルセロナにある環境疫学研究センターの研究者らが12日、学術誌「American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine」で発表した。
 調査は欧州10カ国の22カ所から集められた9年間3500人分以上のデータを使い、ぜんそくの発症と掃除の因果関係などを分析した。
 これまでにも、清掃業従事者のぜんせく率の高さとスプレー洗剤などの関連性は指摘されていたが、同調査では、通常の家事でも同様のリスクにさらされる可能性があるとしている。
 環境疫学研究センターのジャン・ポール・ゾック氏は「家庭用洗浄スプレーの頻繁な使用は成人のぜんそくの重要なリスクファクターだ」と指摘。成人ぜんそく患者の7人に1人が、こういった洗剤の週1回の使用が原因である可能性があるとしている。

posted by aqua at 01:22 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | CHECK NEWS(健康になろう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

約6割が「市販のミネラルウォーター」を日常的に飲用

日経BPコンサルティング ブランド・ジャパン プロジェクトチームは、2007年6月、日経BPコンサルティングが保有する調査モニターを対象に、「ミネラルウォーターに関するアンケート」を実施した。今回の調査では、ミネラルウォーターの飲用頻度や購入時の重視点、主な商品に対するイメージなどを尋ねた。


「気に入っている、好きである」のトップは、「Volvic」

「気に入っている、好きである」ミネラルウォーターの商品名を自由記述で3つまで記入する設問では、「Volvic」が40.4%でトップ(図1)。「evian」(37.9%)が第2位となり、輸入水がトップ2を占めた。次いで、国産水である「六甲のおいしい水」(24.7%)、「サントリー天然水」(18.5%)が続いた。



普段飲む水の種類:約6割が「市販のミネラルウォーター」

普段飲む水の種類を複数回答可で尋ねたところ、(1)市販のミネラルウォーター(58.3%)、(2)浄水器を通した水道水(45.2%)、(3)水道水をそのまま(28.7%)、(4)煮沸した水道水(13.7%)だった。自由意見欄には、そのほか「井戸水」や「湧き水」、「スーパーで無料サービスされる蒸留水」などが挙がった。



飲用頻度:約3割が「ほぼ毎日」

市販のミネラルウォーターの飲用頻度は、「ほぼ毎日」が28.8%、「2〜3日に1回」〜「1週間に1回」が25.3%、「月に2〜3回以下」が33.3%、「まったく飲まない」が12.7%だった。



購入時の重視点:女性50代以上の重視点トップは「品質や安全性」

ミネラルウォーター購入時の重視点について尋ねたところ、上位5項目は、(1)低価格(45.5%)、(2)味の良さ(44.3%)、(3)品質や安全性(31.8%)、(4)メーカー名(19.2%)、(5)ミネラルが豊富(18.6%)であった(図2)。その他の意見としては、「ガス入りであること」や「持ち運びしやすい容器であること」があった。性別に見ると、女性は価格よりも味を重視する傾向にあり、50代以上の女性では「品質や安全性」が重視点のトップとなった(44.5%)。



イメージ評価:「evian」がトップ

主な市販のミネラルウォーターを7点挙げ、「親しみを感じる」、「ファンである」、「味が良い」など計12項目のイメージを尋ねた結果、全項目の合計比率は「evian」がトップとなった(図3)。「商品をよく目にする」、「成功している」、「スタイリッシュである」など6項目でトップになり、その他の6項目も上位3位以内に入った。次いで、第2位は「六甲のおいしい水」で、「親しみがある」(44.2%)でトップとなった。輸入水の勢力が増す中、「安心して購入できる」でもトップ(35.4%)となり、「サントリー天然水」(34.3%)とともに国産水の信頼性イメージの高さを見せた。

各商品の複数回購入者に限定してイメージ評価を見たところ、こちらも「evian」がトップとなった(図4)。次いで、「サントリー天然水」が第2位。上位2つの商品について、回答者全体と複数回購入者との回答傾向を比較したところ、「サントリーの天然水」には「親しみ」のイメージ、「evian」には「スタイリッシュ」や「成功」といったイメージにエッジが立っていることがわかる結果となった。また、2商品に共通だが複数回購入者では「親しみを感じる」、「味が良い」、「安心して購入できる」、「商品をよく目にする」の比率が高い。商品に対する愛着、味や品質に対する信頼性イメージがリピーターを増やす要因と考えられる。



Webサイト評価:「情報が充実」、「信頼できる」で「サントリー天然水」がトップ

主な市販のミネラルウォーター7点について、各商品のWebサイトを提示し、「一番商品パッケージのデザインが良い」、「一番Webサイトのデザインが良い」、「一番Webサイトの情報が充実している」、「一番信頼できる」といった4項目について印象を尋ねた。その結果、4項目の合計比率は、「サントリー天然水」(85.0ポイント)が最も高く、「Webサイトの情報が充実」は2位以下に10ポイント強の差をつけてトップとなり、「信頼性」でもトップとなった(図5)。また、「商品パッケージのデザイン性」で2位以下に約10ポイントの差をつけてトップとなった「evian」は、その他の項目でも上位につけ、合計比率で第2位に入った。「Webサイトのデザイン性」では、テレビCMと同様のコンセプトである“水景色”を表現した「CRYSTAL GEYSER」が第1位となった。



ミネラルウォーターの飲用場面や活用方法

自由回答でミネラルウォーターの飲用場面や活用方法を尋ねたところ、「朝起きたらコップ1杯飲む」(30代男性)、「1日2リットル飲むようにしている」(30代男性)といった自身の健康に留意した飲み方をしている意見が多かった。また、「コーヒーを作る時に利用」(40代女性)、「お米を研ぐ時に利用するとおいしく炊ける」(50代女性)といった利用法も寄せられた。その他、「硬水は健康のために。軟水はお酒を飲むときなどに利用」(30代女性)など、硬水と軟水を飲み分けている人もいた。

(小林佳代=日経BPコンサルティング ブランド・ジャパン プロジェクトチーム

posted by aqua at 07:09 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | CHECK NEWS(健康になろう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。